ダイビングパターン

ダイビングパターン

色々なダイビングパターンを完全に捉えているのと、その反面問題の防御訓練も完璧で、誰からも人望のあるレジャー・ダイバー、その人間こそがマスター・スクーバ・ダイバーと言われるプロダイバーになります。
ここ数年一番人気の「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」にプラスして、海中でゆっくりと息をしながらカラーリングの可愛い小さな主役たちと楽しむことが可能な初体験ダイビングも是非ご体験ください。
沖縄でのシュノーケリング拠点として有名な美しい「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「慶良間諸島」、2地点のシュノーケリングツアーの中身をマリンスポーツ専門サイトで働くスタッフが体験取材!
“課題と対処“を携えたダイビングの興味深さを体感して頂き、適正に謳歌するための段取りを学習します。日常の見方が広がることがゴールです。
ダイビングのメッカ沖縄の海において絶景と言われる「青の洞窟」を、簡単なシュノーケリングで遊ぶ一番人気のツアーです。必要なレクチャーを受けていただいてから出発。白く光って見える海と神秘の洞窟を存分にお楽しみください。


お楽しみ頂けるお勧めダイビング沖縄サービスのお店です、よかったらご覧あれ!

 

海から出ると丘でも年がら年中強風の沖縄ですが、9月頃から2月頃までは一際きつく、海の上ではなおさら強風になりますので、体調を崩さないよう気を付けてくださいね。
ダイビングの最中の事故は他のスポーツと比較してみると圧倒的に多いのかと聞かれて、調査してみると、却ってほとんど危険はありません。

昨年の犠牲者の方や未だに行方不明のダイバーの数は14と聞いています。

 

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を受けて海面を疾走するユニークな乗り物である。サーフボードを一回り大きくしてヨットに見られる帆を立てた物と伝えれば全体像がつかめるだろうか。
長く泳ぐことがあんまりうまくできないケースでも、チーフインストラクターが水への対応能力があるか否か事前調査必ず行いますので、水の不得手な方は戸惑うことなくご相談下さいね。
多くの遊び方を把握しているのと一緒に救急時の予防対処能力も兼ね備えた、最高級のレジャー・ダイバー、その人間こそがマスター・スクーバ・ダイバーと呼ばれるのです。
観光スポットの首里城は琉球成立以降の国の中心部で華やかだった王朝の象徴でもあります。

これまでになんと4回も焼け落ちており、今の建物は戦後に再度建てられたものです。

 

シュノーケリングをおこなって度肝を抜かれたのは水が本当に透明だということ!「えーっと、ここプールのはずがないよね?」と勘違いするほどなんでもきれいに鑑賞できました。
カヤックツアーの中身は、もうお分かりだと思いますがカヤックに乗り込んで自分で水を掻くパドルを動かして、両方の岸にマングローブの樹林が存在する川を上流に向かっていくプラン。
ウェイクボードと一緒で、先導するボートに持ち手(ハンドル)のくっついたロープをしっかり引っ張ってもらい海面を滑ります。縦の向きに乗ることで歪まずに走るので、一際スピードを感じることができます。
憧れのクジラの豪快なダンスを目撃したい!というクジラファンに行ってみてほしいのが、短時間のクルージングで目指す魅惑のホエールウォッチングです。


ホーム RSS購読 サイトマップ